個人の金融事情

SBI債、友人夫妻の独立の一環

この前、ちょっとビックリする出来事がありました。 友人から「主人が投資をやってみたいと言ってる」と いう話を聞いたのです。 驚きはしましたが話を聞いているうち、友人とご主人は ちゃんとした計画を立てているらしいことが分かってきました。 なんでも、投資は、将来、独立して 起業するためや住宅ローンの一環なのだそうです。 そのために証券取引といった金融方面について 今から勉強して、さらに資金を増やすことができる投資は

独立のために必要、かつ最適な方法だと考え、 投資するに至った、とのことでした。 独立するという話も初耳だったのでさらに驚きつつ、 友人たち夫婦の計画と向上心に私は少し感動してしまいました。 さらに話を聞いていると、友人自身も社債を買ってみたいとのこと。 まずは“SBI債”をやりたい、と言っていました。 住宅ローンは沢山あるけどなやむのは嫌だし・・・

SBIとは何かということから私は知らなかったですが、 SBIとはホールディングス株式会社の一つで、 SBI債はここが発行している個人向け社債なのだそうです。 ということは他にも社債の種類や社債を発行している 会社はあるはずで、なぜそれにしたのかと聞いてみると、 堅実に投資を勉強できると思ったから、とのことでした。 なんでも、

  • 無料のセミナー、勉強会を開催している
  • 運用期間や年率といった、投資に必要なステータスが良い
  • 為替変動を受けない

など、安定した実績で個人投資家にも人気なのですって。 とりあえずは二人の貯金からでなく、 自分のへそくりからはじめるそうで、 そういった少額でも投資ってできるんだ!と 私は驚くばかりでした…。

住宅ローンの審査を有利に進めるためにすべきこと

夢のマイホームを購入するときには、ほとんどの方が住宅ローンを利用して購入することになりますよね。でも、ローンを借りるためには金融機関の審査をクリアしなければなりません。マイホームを購入するためのお金なので借りる金額も大きく、そのためにやはり審査もそれなりに厳しいものとなるのが通常です。その人の年齢や年収、借入希望額や勤務先についてなど詳しく申告することになりますし、場合によっては預貯金の通帳の提示をお願いされることもあります。

そして、審査の際に必ずといっていいほど見られるのが、個人信用情報です。これは、今までどのようなローンやクレジットカードを契約したことがあり、さらにはきちんと毎月滞りなく返済しているのかということが事細かに記載されています。そこに例えば延滞情報などがあれば、まず住宅ローンは借りられないと思っておいたほうがよいでしょう。

また、クレジットカードを何十枚も所持していたりすると、それだけで印象が悪くなることもありますし、その他のローンに関してももちろん少ないほうが有利です。ですから、使用していないカードローンやクレジットカードなどはすぐに解約するようにしましょう。住宅ローンをなるべく有利に借りるためにも、個人信用情報をクリアな状態にしておくことはとても大事なことなのです。

住信SBIネット銀行 住宅ローンの審査
全疾病保障・団体信用生命保険料が0円; 返済口座への資金移動手数料0円; 女性限定でガン診断給付金の保障料0円. たくさんのサービスと低金利を兼ね備えたお得な住宅ローンです。 ⇒ 住信SBIネット銀行住宅ローンの公式サイトはこちら …